脱毛の知識

【医師監修】睾丸(金玉)に生えている毛は処理した方がいい?自己処理の方法や注意点、脱毛に関する疑問についても解説

睾丸(金玉)に生えている毛が気になり、どうにか処理したいと考えている方もいらっしゃるでしょう。見た目や衛生面の観点で、睾丸の毛を処理するメリットは多いです。そこで本記事では、睾丸の毛の自己処理をする方法や注意点をお伝えします。

また長期的に睾丸の毛をなくしたい場合は、クリニックで医療レーザー脱毛を受けるのも手です。記事の後半では医療レーザー脱毛を受けるメリットも解説するので、睾丸の毛をすっきりさせたい方はぜひ参考にしてみてください。

睾丸の毛を処理するメリット

睾丸の毛を処理すると、見た目がすっきりするだけでなく、快適さや清潔感を得られます。ここからは睾丸の毛を処理する主なメリットを3つ、ご紹介します。自己処理に興味はあるものの実践しようか迷っている方は、ぜひチェックしてみてください。

毛が陰茎やチャックに絡まらなくなる

睾丸の毛が陰茎や陰毛包皮、ズボンのチャックなどに絡まなくなるのも、毛を処理しておくメリットの一つです。

陰毛が絡んだ状態で力がかかると、違和感が生じたり強い痛みを感じたりするでしょう。毛が絡んでいる状態を直すには一度トイレに行かなければならず、日常生活のストレスも大きいです。

また引っ張られる勢いで陰毛が抜けると、毛穴付近に炎症などの肌トラブルが生じて痛みが長引く可能性もあります。睾丸の毛を処理しておけば毛が絡むことがなくなり、痛みや肌トラブルのリスクを減らせて快適になるでしょう。

蒸れやニオイが改善する

睾丸の毛を処理することで、下着の中の蒸れやニオイを抑えられるのもメリットです。

デリケートゾーン周辺は下着で覆われている時間が長く、熱や湿気の逃げ場がありません。睾丸の毛を含む陰毛が多いと湿気がさらにこもりやすくなるため、蒸れたり細菌が繁殖したりしてニオイを放ちやすくなるのです。

特にデスクワークで座っている時間が多い方は、蒸れやニオイのリスクがさらに高まるでしょう。またトイレの際に尿が毛に付着した状態を放置しておくことも、蒸れや細菌の繁殖の原因となります。

睾丸の毛を含む陰毛を処理しておけば、デリケートゾーンをより清潔に保てるようになるでしょう。

清潔感が出る

睾丸の毛を処理すると、男性器全体がすっきりとした印象になり清潔感が増します。

睾丸の毛が濃いと、温泉など裸になる場面で、周りの目が気になってしまうこともあるでしょう。特に睾丸を含む陰毛は縮れていることが多いため、毛が濃いとどうしても不潔な印象を与えかねません。睾丸の毛を処理しておけば、恥ずかしさを軽減できます。

脱毛するならメンズじぶんクリニック! お得な特別プラン実施中
VIO
医療脱毛
5
76,500

睾丸の毛を自分で処理する方法

睾丸の毛を自分で処理する方法

睾丸の毛を自分で処理するには、ハサミでカットする方法やカミソリ・電気シェーバーを用いる方法が挙げられます。

ここからはそれぞれの自己処理の詳しい方法と、理解しておくべき注意点を解説します。

ハサミでカットする

睾丸の毛の自己処理が手軽にできる方法として代表的なのは、ハサミによるカットです。

ツルツルな状態を目指すのではなく、毛の量を減らしてナチュラルな印象に仕上げるのであれば、ハサミでのカットで十分処理できます。けがをしないように、かつ不自然な仕上がりにしないためには、毛を少しずつ手にとってカットしていくのがコツです。

ただしハサミの刃が皮膚を傷つける可能性があるため、皮膚の表面ぎりぎりまでカットすることは難しいでしょう。

また陰毛は1日あたり約0.2mm伸びるといわれているため、時間が経つと再び毛が濃い状態に戻ってしまいます。理想の仕上がり状態をキープするには、定期的な自己処理が必要と認識しておきましょう。

カミソリや電気シェーバーで剃る

睾丸の毛の自己処理をする方法として、カミソリや電気シェーバーで剃る選択肢もあります。

カミソリを用いる場合は、けがをしないように細心の注意が必要です。むき出しの刃を直接皮膚に当てるため、あまりに速く皮膚の表面をすべらせると炎症や出血の原因となります。シェービングジェルなどをしっかりと塗って、ゆっくりと慎重に剃るのがコツです。

またカミソリの刃が古かったり錆びていたりすると、切れ味が悪くなり肌トラブルにつながるため、使用前に念入りにチェックしておきましょう。

電気シェーバーの場合はカミソリと異なり、直接皮膚に刃が当たらない構造になっているため、けがや肌トラブルのリスクは抑えられます。しかし刃を力強く押し付けた場合は炎症や出血が生じる可能性があるため、電気シェーバーを用いる際も肌に優しく当ててすべらせることを心掛けてください。

また電気シェーバーは、睾丸の毛のような縮れ毛を一度に多く剃ろうとすると絡みやすいため、時間を要することも想定しておきましょう。場合によっては、ハサミで短くカットしてから剃ることも視野に入れてください。

脱毛するならメンズじぶんクリニック! お得な特別プラン実施中
VIO
医療脱毛
5
76,500

睾丸の毛を自分で処理する際の注意点

睾丸の毛を自分で処理する際の注意点

ここまで睾丸の毛を自分で処理する方法をお伝えしました。自己処理をする際には、いくつかの注意点があります。自己判断で進めると思わぬ肌トラブルの原因につながることもあるため、事前に注意点を確認しておきましょう。

除毛クリームやワックスを使用しない

睾丸の毛の処理をする際に、除毛クリームやワックスは使用しないでください。除毛クリームやワックスは、除毛アイテムとして一般的に広く知られていますが、睾丸周辺のVIOゾーンの除毛には適していません。

除毛クリームはその原理上、毛を構成するタンパク質を溶かして切断する成分が含まれています。睾丸周辺は特に皮膚が薄いため、除毛クリームを用いるのは危険です。またワックスは睾丸の毛を毛根ごと引き抜く仕組みのため、同様に肌への負担が大きいです。

使用後にかゆみや炎症、痛みといった肌トラブルが生じる恐れがあるため、睾丸の毛の自己処理に除毛クリームやワックスを用いることは避けてください。

毛抜きも控える

毛抜きで睾丸の毛を抜くことも、推奨できません。ワックスと同様に、毛抜きは毛根を毛穴から引き抜く方法のため、大きな力がかかり、肌への負担が大きいです。

毛が抜ければ一時的に毛量は少なくなりますが、炎症が起きると肌に赤みや痛みが生じるでしょう。また毛抜きによって広げられた毛穴に細菌が侵入すると炎症を誘発し、場合によっては毛嚢炎(もうのうえん)などの肌トラブルの原因にもなります。

時間効率の観点でも、毛抜きは適していません。睾丸の毛1本1本を抜いていく必要があるため、労力もかかります。毛を抜くたびに痛みが生じることから、睾丸の毛を全て毛抜きで抜くことは、物理的には可能ですが現実的ではないでしょう。

処理をしてもすぐに生えてくる

ハサミやカミソリ、電気シェーバーを用いた睾丸の毛の処理は、自宅で手軽にできる反面、すぐに生えてくるため定期的に行う必要があります。

一度自己処理をすると、少し伸びてきただけで見た目や不快感が気になってしまい、結果として高頻度で自己処理をすることになるでしょう。

温泉旅行のタイミングなど、特定のシチュエーションを乗り越えるだけであれば、一時的な自己処理で問題ありません。しかし、継続的に睾丸の毛が少ない状態をキープしたいのであれば、定期的な自己処理が必要で手間がかかることを認識しておきましょう。

自己処理後にチクチクすることがある

睾丸の毛の自己処理をした後は、チクチクするような不快感が生じやすいです。前述したとおり陰毛は1日あたり約0.2mm成長するといわれており、皮膚の表面からわずかに伸びた短い毛が下着とこすれ合うことで、チクチクとした感覚が生じます。

下着との接触によりかゆみや痛みにつながるケースもあり、気になってかいてしまうとさらに肌トラブルを悪化させる可能性もあります。

脱毛するならメンズじぶんクリニック! お得な特別プラン実施中
VIO
医療脱毛
5
76,500

睾丸の毛を根本的になくしたいなら医療レーザー脱毛を検討しよう

睾丸の毛を根本的になくしたいなら医療レーザー脱毛を検討しよう

睾丸の毛の自己処理方法はいくつかありますが、いずれも毛を長期的に減らす根本的な方法ではありません。一度毛を少なくしてもすぐ生えてきて、再び元の状態に戻ってしまいます。

睾丸の毛を一時的に減らすのではなく、長期にわたって毛をなくしたい方は、脱毛を検討するとよいでしょう。

脱毛方法には大きく分けて、医療レーザー脱毛と光脱毛の2種類が挙げられます。医療レーザー脱毛は、国家資格を有する医師や看護師のもとでしか受けられない脱毛方法です。高出力なレーザーを照射して発毛組織を破壊するため、長期間毛が生えない状態を目指せます。

一方で光脱毛は、レーザーよりも出力の低い光を照射する脱毛方法です。発毛組織にダメージを与えるものの破壊するほどのエネルギーはないため、あくまで抑毛・減毛効果にとどまります。

以上のことから、睾丸の毛を長い間なくしたいなら医療レーザー脱毛が適しているといえます。医療レーザー脱毛の主なメリットについて詳しく見ていきましょう。

自己処理の手間が減る

医療レーザー脱毛の施術を受けると、睾丸の毛を定期的な処理をする手間が省けます。照射するレーザーが発毛組織を破壊し、毛の成長機能を失わせるため永久脱毛が可能です。

ただし永久脱毛は全ての毛穴から毛が1本も生えなくなることを指すものではなく、あくまで「複数回の施術後に再生する毛の数を安定的・長期的に減らすもの」です。(※)

とはいえ医療レーザー脱毛を複数回受ければ、睾丸の毛がほとんど目立たなくなるレベルにすることはできるでしょう。所定の回数の施術が完了すれば、定期的に自己処理をする手間はなくなり、すっきりとした見た目や清潔感をキープできる点がメリットです。

※出典:Food and Drug Administration「Laser Facts

麻酔を使用できる

医療レーザー脱毛の施術を受けられるクリニックでは、麻酔を使用できることが多いです。

医療レーザー脱毛は照射によって熱を発生させ、そのエネルギーを利用することで皮膚の内部に位置する発毛組織を破壊します。そのためレーザーの種類にもよりますが、人によっては熱による痛みが生じることがあります。クリニックによって麻酔の種類や料金は異なるため、事前に確認しておきましょう。

メンズじぶんクリニックの場合は、VIO脱毛であれば麻酔クリームを無料で使用できます。ただし麻酔クリームの塗布はiラインに該当する陰嚢周辺のみであり、睾丸自体には塗布しません。

肌トラブルが生じる恐れが少なくなる

医療レーザー脱毛で睾丸の毛を少なくすると、長期的に見て肌トラブルのリスクが少なくなります。

カミソリや電気シェーバーによる自己処理は定期的に行わなければならず、肌への負担が大きいです。一方で医療レーザー脱毛の施術を受けて長期的に毛が生えてこない状態を実現してしまえば、自己処理がほとんど必要なくなります。

肌トラブルを引き起こす恐れのある自己処理の頻度を減らせるのが、医療レーザー脱毛のメリットです。

脱毛するならメンズじぶんクリニック! お得な特別プラン実施中
VIO
医療脱毛
5
76,500

睾丸の毛を脱毛する際によくある疑問

睾丸の毛を脱毛する際によくある疑問

ここからは、睾丸の毛の医療レーザー脱毛を検討している方が感じやすい疑問と回答をご紹介します。事前に不安を払拭しておけば、医療レーザー脱毛に対するハードルも下がるでしょう。ぜひ参考にしてください。

どのくらい痛いの?

睾丸の毛の医療レーザー脱毛は一般的に、iラインやOラインの脱毛と比べると痛みが少ないことが多いです。

睾丸は外部からの刺激を受けると強い痛みを感じることから、レーザーの照射を不安に感じる方が多いでしょう。しかし照射の際には、睾丸を包む袋の皮を引っ張りながら行うため、睾丸自体に強い刺激は加わりません。

とはいえ睾丸はデリケートゾーンであることに変わりはないため、個人差はあるものの一定の痛みは生じる可能性があります。不安を感じる方は、前述した麻酔クリームなどを使用できるかクリニックに相談してみてください。

生殖能力に影響はない?

医療レーザー脱毛で睾丸の毛を処理しても、生殖能力に影響が出たという報告は2024年3月現在ありません。

レーザーはあくまで、睾丸を覆っている袋から生える毛の発毛組織を破壊するのみであり、生殖機能を担う睾丸自体に悪影響はないと考えられます。

またレーザーの種類によってレーザーの照射深度は異なりますが、皮膚深達度が高いYAGレーザーと呼ばれるものであっても、レーザーが到達するのは表皮や真皮の下部にある皮下組織周辺が限界です。そのため睾丸を包む袋の皮膚にレーザーを当てても、レーザーが睾丸自体に刺激を与えるとは考えにくいでしょう。

脱毛するならメンズじぶんクリニック! お得な特別プラン実施中
VIO
医療脱毛
5
76,500

まとめ

睾丸の毛を処理することで、見た目だけでなく清潔感や衛生面の改善を期待できます。ハサミやカミソリ、電気シェーバーで自己処理をする方法もありますが、定期的な処理に手間がかかる上に、肌トラブルにつながる恐れがあります。

睾丸の毛を減らしたりなくしたりしたいのであれば、医療レーザー脱毛も一つの手段です。医療レーザー脱毛は発毛組織を破壊できるため、長期的に毛が少ない状態をキープでき、定期的な自己処理の煩わしさやストレスが軽減するでしょう。

メンズじぶんクリニックでは、VIOゾーンの脱毛に対応しています。睾丸の毛も照射可能箇所に含まれているため、デリケートゾーン全体を含め睾丸周辺をすっきりさせたい方はぜひ検討してみてください。

大井 美恵子 医師
この記事の監修者
大井 美恵子 医師
診療科目:皮膚科・内科・小児科
診療科目:皮膚科・内科・小児科

医療レーザー脱毛は毛がほとんど目立たない状態を目指せるだけでなく、適度な毛量に調整することも可能です。睾丸の毛を脱毛したことでかえって違和感が生じ、脱毛を受ける前の状態に戻したいと思っても、残念ながらレーザーで一度破壊した発毛組織は修復できません。

睾丸の毛の脱毛に興味はあるが一歩踏み出せない方は、まずは様子を見ながら徐々に毛量を減らすかたちの医療レーザー脱毛を視野に入れつつ、カウンセリングで相談するとよいでしょう。