脱毛の知識

【医師監修】太ももの毛は処理した方がいい?自己処理の方法や脱毛をするメリットについて解説

ハーフパンツや水着を履くとき、太ももの毛が目立ってしまい恥ずかしい思いをした経験がある方もいるのではないでしょうか。太ももの毛は量が多かったり縮れていたりして、人によっては目立ってしまいます。

人目を気にせず太ももを出せるようにするため、毛の処理を行ったり脱毛の施術を受けたりすることを検討する方も多いでしょう。本記事では、太ももの毛の自己処理をする方法から、脱毛方法や脱毛のメリットまで詳しく解説します。

太ももの毛の特徴

個人差はありますが、太ももの毛は他の箇所よりも太く、さらに縮れているためコンプレックスに感じている方も多いでしょう。「太ももの毛を見られるのが嫌だ」「できるだけ太ももの毛が目立たないようにしたい」と悩んでいる方も少なくありません。

太ももの毛は生えている範囲が広く、太ももの裏側まで広がっているケースもある他、太ももの毛がヒップやVラインとつながって生えていたり、毛が渦巻いていたりすることもあります。

また毛が太く範囲が広いことから、自己処理ではキレイに整えられない場合もあるでしょう。

脱毛するならメンズじぶんクリニック! お得な特別プラン実施中
パーツ別
医療脱毛
5
68,000円〜

太ももの毛は処理した方がいい?

太ももの毛は処理した方がいい?

太ももの毛を処理すべきか悩んでいる方は、一度処理してみてもよいでしょう。カミソリやすきカミソリで処理する程度であれば、万が一処理した後の見た目が気に入らなくても再び毛が生えるまで待ってばよいだけです。毛を処理すると見た目だけでなく、生活する上での快適さにも影響するため、一度試してみることで思いもしなかったメリットに気が付くこともあります。

ここからは、太ももの毛を処理する4つのメリットについてご紹介します。お伝えする内容を参考に、毛を処理するかどうか検討してみてください。

清潔感が出る

太ももの毛を処理すると、さわやかな印象になり清潔感がアップします。中には、太ももに毛があると清潔感に欠けた印象を受けるという人もいます。

太ももは範囲も広く、服から出ていると自然と目に入る箇所です。特に肌が日に焼けていない方は、黒い毛が目立ってしまいます。またプールなどで濡れて肌に張り付いた毛も、濃く見えやすいです。

これらのことから、毛の存在や毛の濃さが相手に与える印象は少なくありません。毛がなくなることでコンプレックスが解消され、自信がもてるようになります。

おしゃれを楽しめる

太ももの毛を処理すれば、毛を見られる不安や恥ずかしさを解消でき、衣類で隠す必要がありません。いつでも好きなファッションを楽しめるようになります。ハーフパンツや水着、丈の短いボトムスでもためらうことなく着用可能です。

おしゃれの幅が広がるので、毎日を楽しく過ごせるようになるでしょう。また太ももの毛が衣類に挟まったり絡まったりすることもなくなります。

汗による不快感が減る

太ももの毛を処理すると、汗によって蒸れることがなくなります。毛があると汗が毛に絡んだり吸収されたりして、蒸れやすくなるのです。

太ももの毛を処理すれば、汗が毛に吸着されずにそのまま流れるようになるため、ベタついて不快になることもありません。太ももの毛が汗で肌に張り付くこともなくなり、暑苦しさを軽減できるでしょう。

スポーツで煩わしさがなくなる

スポーツをしていると、太ももの毛が気になるシーンが多々あります。例えば、テーピングをするときやマッサージを受けるときなどです。テーピングをするときに太ももの毛が生えた状態だと、テーピングに毛がくっついたりうまく貼れなかったりします。また剥がすときに毛を引っ張ってしまうため、強い痛みが生じてしまうこともあるでしょう。

マッサージを受けるときに太ももの毛が気になって、恥ずかしく感じることもあります。また自転車競技のようなスポーツでは、毛があることで抵抗力が増してパフォーマンスに影響が出る場合もあるとして、処理する人も多いようです。

脱毛するならメンズじぶんクリニック! お得な特別プラン実施中
パーツ別
医療脱毛
5
68,000円〜

太ももの毛を目立たなくする自己処理の方法

太ももの毛を目立たなくする自己処理の方法

太ももの毛は、自己処理で簡単に目立たなくできます。時間が経つとまた生えてくるため定期的な処理が必要ですが、一時的な効果を期待するのであれば自己処理でも十分です。ここでは、太ももの毛を目立たなくする自己処理の方法を3つご紹介します。

カミソリ

カミソリは、ドラッグストアからコンビニまで購入可能な場所も多く、非常に手軽なアイテムです。数百円から購入できるため、使用している方が多いのではないでしょうか。肌にすべらせるだけで太ももの毛を簡単に処理できます。手軽に安く、太ももの毛を処理したい方にはぴったりのアイテムです。

しかし、カミソリには大きなデメリットがあります。毛だけではなく肌の表面まで一緒に削ってしまうのです。そのため肌がダメージを受けて、カミソリ負けをする可能性があります。

肌へのダメージを抑えるためにも、カミソリを使用するときはシェービングフォームなどを使うのがおすすめです。ツルツルな状態になるのに抵抗がある方は、すきカミソリを使ってみるとよいでしょう。程よく毛量を減らせるので、ナチュラルな仕上がりになります。

電気シェーバー

カミソリ負けはしたくないけど、手軽に太ももの毛を処理したいという方には、電気シェーバーが向いています。電気シェーバーは刃が肌に直接当たらないような仕様になっているため、肌にかかるダメージが比較的小さいです。肌が荒れやすい方やダメージが気になる方はカミソリを控え、電気シェーバーを使うようにしてみてください。

毛の長さや量を調節するアタッチメントがあるシェーバーもあるため、ツルツルではなく毛量を調節するにとどめたい方にも向いている自己処理方法です。

除毛クリーム

除毛クリームは、チオグリコール酸カルシウムなどの成分によって毛を溶かして切断するアイテムです。太ももの毛に塗布して規定の時間待ち、洗い流すだけで根本から毛が取り除かれたツルツルの状態の肌に仕上がります。

ただし、毛と一緒に肌の表面も溶かしてしまうことから、人によっては赤みやかゆみ、湿疹などが出る恐れがある点を把握しておきましょう。

なお、除毛クリームと似たものに、脱色クリームがあります。脱色クリームは毛を溶かす作用はなく、毛の色を抜いて白っぽくし目立たなくするものです。間違えないように注意してください。

脱毛するならメンズじぶんクリニック! お得な特別プラン実施中
パーツ別
医療脱毛
5
68,000円〜

太ももの毛を処理する際の注意点

太ももの毛を処理する際の注意点

太ももの毛の処理は、カミソリや電気シェーバー、除毛クリームなどを使って簡単にできます。しかし、いくつか注意点もあるので詳細を確認しておきましょう。

定期的な処理が必要になる

カミソリや電気シェーバーを使った自己処理は、あくまでも肌の表面にある毛のみを除去するものです。毛根から取り除くものではないため、数日もすれば毛が伸びてきて目立つようになります。

生えてきた毛は、毛先がチクチクして不快感をもたらすこともあるでしょう。自己処理で太ももの毛を快適かつキレイな状態に保つためには、定期的なお手入れが必要です。

除毛クリームも同様に、一時的に毛が目立たない状態を作るにとどまります。いずれの方法も発毛の仕組みを妨げるものではないため、お手入れをやめればすぐに毛が生えてきます。長期的に毛が生えない状態を望む場合は、発毛組織を破壊したりダメージを与えたりする脱毛の施術を受けることが必要です。

肌トラブルが生じやすい

人によっては、自己処理で肌トラブルが生じることがあります。特に肌トラブルが生じやすい自己処理は、カミソリと除毛クリームを使った方法です。

カミソリは毛と一緒に肌の表面も削ってダメージを与え、毛嚢炎(もうのうえん)や埋没毛、赤みや色素沈着などを引き起こすことがあります。カミソリを使って高頻度で自己処理をしていると、肌トラブルのリスクも増加するため注意が必要です。

除毛クリームも先述のとおり、さまざまな肌トラブルが起こり得るので気を付けましょう。かゆみや発疹が出たり、肌がカサカサになったりする可能性があります。

トラブルを回避するためにも、除毛クリームを使う際はパッチテストを行って肌に合うか確認してから太もも全体に使うようにしましょう。

脱毛するならメンズじぶんクリニック! お得な特別プラン実施中
パーツ別
医療脱毛
5
68,000円〜

太ももの毛を根本からなくしたいなら脱毛を検討しよう

太ももの毛を根本からなくしたいなら脱毛を検討しよう

自己処理をいくら行っても、太ももの毛を根本からなくすことはできません。時間が経つとまた元通り生えてきてしまいます。自己処理の頻度を減らしたい、毛の量そのものを減らして太ももの毛を目立たなくしたいという方は、脱毛を検討してみてください。脱毛には、大きく分けて次の3種類があります。

医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛とは、メラニン色素に反応するレーザーを照射することで、毛根を破壊する脱毛のことです。毛根の破壊は医療行為に該当するため、医療レーザー脱毛は医師や看護師しか施術を行えません。施術を受けるクリニックには医師や看護師が常駐しているため、脱毛で万が一トラブルが起きた際は医師の診察を受けられます。

永久脱毛も可能で、長期的に太ももの毛をなくしたい方は医療脱毛が候補となるでしょう。ただし永久脱毛といっても、1本も毛が生えてこない状態にできるわけではありません。FDA(アメリカ食品医薬品局)で定義されている永久脱毛とは、「施術を複数回受け、再発毛する本数が安定して長期にわたって減るもの」とされています(※)。

また1回の照射で全ての毛がなくなるわけではありません。医療レーザー脱毛が反応するのは、毛の生え変わるサイクルである毛周期の中でも成長初期・成長後期にある毛のみです。成長初期・成長後期の毛は体にある毛の全体に対して20%ほどであるため、単純計算で少なくとも5回の照射が必要となります。

なお、医療レーザー脱毛は比較的強い痛みを伴う脱毛方法です。痛みが不安な方は、麻酔クリームを使用できないか相談してみてください。

※出典:Food and Drug Administration「Laser Facts

ニードル脱毛

ニードル脱毛とは、毛穴に針を刺して電流を流し、発毛組織を直接破壊する脱毛方法です。こちらも医療レーザー脱毛と同じく医療行為に該当するため、医師や看護師などの医療従事者しか施術できません。メラニン色素の量に関係なく脱毛効果を発揮できることから、産毛や薄い色の毛にも対応できます。痛みが出やすいのがデメリットではありますが、毛質や肌質によらず脱毛ができることが大きな特徴です。

ただし、1本1本の毛穴に針を刺して施術していくため、広い範囲の脱毛にはあまり向いていません。また他の脱毛方法と比べると、コストもかかります。太ももは広範囲を施術する必要があるため、全体を施術するのにどれくらいの時間と費用がかかるのかをあらかじめ確認しておきましょう。

光脱毛

光脱毛は、エステやサロンなどで受けられる脱毛方法です。メラニン色素やバルジ領域に反応する光を照射します。医療レーザー脱毛やニードル脱毛のように発毛組織を破壊できず、あくまで発毛組織にダメージを与えるのみです。

医療レーザー脱毛と比べると弱い出力で照射していくため、脱毛完了までには多くの施術を受ける必要があります。1回の施術費用は医療レーザー脱毛やニードル脱毛に比べると安い傾向にありますが、脱毛完了までに時間がかかるでしょう。

なお、光脱毛は発毛組織を破壊しないため医療行為には該当しません。そのため永久脱毛を目指せないので、脱毛が完了した後に毛が再び生えてくる可能性がある点は認識しておきましょう。

脱毛するならメンズじぶんクリニック! お得な特別プラン実施中
パーツ別
医療脱毛
5
68,000円〜

太ももの毛を脱毛するメリット

太ももの毛を脱毛するメリット

太ももの脱毛をすると、定期的に自己処理をしなくても毛が目立たない状態を保てるようになります。この他にもさまざまなメリットがあるため、太ももの毛に悩んでいる方には確認してみてください。

自己処理の手間が減る

太ももの毛の脱毛を受けると、自己処理にかかる時間を大きく削減できます。カミソリや電気シェーバーなどを使った自己処理は、脱毛と比べるとお金がかからず気軽にできることが魅力です。

しかし時間が経つと再び毛が生えてくるため、生涯にわたって何度も繰り返し自己処理をしなければなりません。一方で脱毛の施術を受けると、発毛組織そのものにアプローチできるので、徐々に毛量を減らしたり生えてくるスピードを遅くしたりできます。

脱毛が完了すれば自己処理が必要な頻度も減り、楽になるでしょう。

肌トラブルが少なくなる

脱毛の施術を受けると、徐々に自己処理を行う頻度が減っていきます。自己処理は肌にダメージを与えてトラブルを引き起こす原因の一つです。

先述したとおり、何度も自己処理を繰り返していると毛嚢炎や埋没毛、色素沈着などを起こす可能性があります。見た目が気になるから自己処理をしているのに、肌トラブルのせいで見た目が気になるようになってしまうこともあるでしょう。脱毛の施術を受けて自己処理の頻度が少なくなれば、自己処理が原因の肌トラブルも減らせます。

キレイな仕上がりになる

毎日自己処理をしていると、一人では確認しにくい太ももの裏面などは剃り残しが発生することがあります。脱毛の施術を受け、医療脱毛で長期的に毛が生えない状態を目指せば、うっかり剃り残してしまうことも少なくなるでしょう。

毛量の調節にとどめたい場合も、脱毛の施術を受けることでキレイな仕上がりを目指せます。クリニックやサロンでは、毛量を減らすことを目的とした脱毛も可能です。自己処理で全体的にムラなく毛をすくのは、意外とコツが必要です。クリニックやサロンで知見のあるプロに相談すれば、バランスよく毛量を減らす施術を提案してもらうこともできます。

脱毛するならメンズじぶんクリニック! お得な特別プラン実施中
パーツ別
医療脱毛
5
68,000円〜

まとめ

ハーフパンツや水着を着用するとき、太ももの毛があるとどうしても目立ってしまいます。太ももの毛が気になり、見た目や生活の上で悩んでいるなら、自己処理を試してみましょう。

また長期的に太ももの毛を目立たなくしたい場合は、自己処理を繰り返すのではなく脱毛の施術を受けることも検討してみてください。

メンズじぶんクリニックでは、足のみ脱毛の施術を受けられるプランから全身脱毛ができるプランまで豊富に取りそろえています。足のプランは太ももだけでなくすね毛も含まれているため、毛が生えている箇所と生えていない箇所の境目が気になることもありません。カウンセリングは無料なので、太ももの毛が少しでも気になる方はお気軽にご相談ください。

矢加部 文 医師
この記事の監修者
矢加部 文 医師
診療科目:形成外科・美容皮膚科
診療科目:形成外科・美容皮膚科

太ももの毛に悩んでいるものの、施術を受けるときの痛みに懸念がある方もいるでしょう。たしかに医療脱毛は、毛の量が多く、濃いほど痛みが出やすくなります。しかし、施術の際の痛みは日頃のケアで緩和することも可能です。肌が日に焼けないよう紫外線対策をする、施術後も含めて日頃から保湿を徹底するなど肌のコンディションを整えておけば、痛みを軽減できるでしょう。麻酔クリームの用意があるクリニックもあるので、痛みを理由に脱毛を踏みとどまっている方は、カウンセリングなどで相談してみましょう。