脱毛の知識

【医師監修】ヒゲの永久脱毛は後悔する?メリットや施術回数・頻度の目安、押さえておきたいポイントをご紹介

毎朝の髭(ヒゲ)剃りを煩わしく感じ、永久脱毛を受けようか迷っている方もいるでしょう。また人によっては朝丁寧にヒゲを剃っても、昼過ぎや夕方には再びヒゲが目立ってしまうことがあります。

特に童顔の方や肌が白い方は濃いヒゲが似合いにくく、その見た目をコンプレックスに感じて永久脱毛を検討する方も多いです。

しかしヒゲの永久脱毛にはメリットだけでなく、デメリットも存在します。本記事では、ヒゲの永久脱毛の方法やメリット・デメリット、永久脱毛の施術を受ける際に押さえておくべきポイントなどについてご紹介します。

一度永久脱毛が完了すると再びヒゲを生やすことはできないため、自身のご希望に合った選択を検討してください。

脱毛するならメンズじぶんクリニック! お得な特別プラン実施中
ヒゲ(3カ所)
医療脱毛
6
16,800
麻酔料金
込み

ヒゲを永久脱毛する方法

ヒゲを永久脱毛する方法には、以下の2つが挙げられます。

  • 医療レーザー脱毛
  • ニードル脱毛(電気脱毛)

いずれも発毛組織を破壊して毛を生えないようにする脱毛方法です。

エステサロンや脱毛サロンで受けられる光脱毛も、医療レーザー脱毛と同様に脱毛機を用いた施術です。しかし発毛組織を破壊するほどのダメージは加わらないため、永久脱毛の効果はありません。

なお永久脱毛は、毛が一本も生えなくなる状態を保証するものではありません。機関によって細かい定義は異なりますが、永久脱毛は再度生えてくる毛の数が一定以下の状態が維持される状態を指すものです。

医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛とは、高出力のレーザーを照射した際に発生する熱エネルギーを用いて発毛組織を破壊する方法です。照射方式によって熱破壊式と蓄熱式に分けられ、それぞれターゲットとなる発毛組織が異なります。

照射方式 ターゲット 特徴
熱破壊式 毛乳頭と毛母細胞 高出力のレーザーを単発で照射する
蓄熱式 バルジ領域 低出力のレーザーを連発で照射する

熱破壊式は高出力のレーザーを用いて毛の成長に直接関与する毛乳頭と毛母細胞を破壊するため、早ければ施術当日〜数日後には毛が抜け落ち始めます。

蓄熱式は比較的低出力のレーザーを用いる分、照射を受けるときの痛みを感じにくいのがポイントです。

いずれの照射方式も生体組織の一部を破壊する、れっきとした医療行為に該当します。そのため医療レーザー脱毛は脱毛サロンやエステサロンでは受けられず、クリニックなどの正式な医療機関で施術を受ける必要があります。

ニードル脱毛(電気脱毛)

ニードル脱毛(電気脱毛)とは、毛穴に専用の針を挿入して電気を流すことで発毛組織を破壊する方法です。一つひとつの毛穴を順番に処理していくため時間はかかりますが、処理した毛穴の発毛組織が破壊されれば永久脱毛が可能です。

医療レーザー脱毛で処理しきれなかったわずかな毛のみをピンポイントに処理したい場合は、わざわざ医療レーザー脱毛の追加照射をせず、ニードル脱毛(電気脱毛)を選択するのも一つの方法です。

また医療レーザー脱毛が苦手とする色素の薄い産毛や白髪に対しても、ニードル脱毛(電気脱毛)であれば関係なく永久脱毛ができるのが特徴です。

脱毛するならメンズじぶんクリニック! お得な特別プラン実施中
ヒゲ(3カ所)
医療脱毛
6
16,800
麻酔料金
込み

ヒゲの永久脱毛は後悔する? ヒゲ脱毛のデメリット

ヒゲの永久脱毛は後悔する? ヒゲ脱毛のデメリット

前述の医療レーザー脱毛やニードル脱毛(電気脱毛)を用いればヒゲの永久脱毛が可能です。しかしWebサイトやSNSなどでヒゲの永久脱毛の施術を受けて後悔したという声も見られます。

ここからは、ヒゲの永久脱毛を受けて後悔する主な理由やデメリットをご紹介します。ヒゲの永久脱毛の施術を受けてから後悔することのないよう、事前にしっかりと理解しておきましょう。

まとまったお金がかかる

ヒゲ脱毛の永久脱毛を受けるには、まとまったお金が必要です。クリニックやプランの種類、施術回数などによって総額は異なりますが、医療レーザー脱毛の場合は一般的に数万円以上かかると理解しておきましょう。

毎朝のヒゲ剃りを続ける場合は、電気シェーバーやカミソリなどの本体代と定期的な刃の交換代のみで済みます。しかしランニングコストを考慮すると、一度ヒゲの永久脱毛を受けた方が長期的には安く済むこともあります。

脱毛の施術中痛みを感じる

ヒゲの永久脱毛は、施術を受けるときに痛みを感じやすいです。レーザーを照射した瞬間は熱が発生し、一般的には輪ゴムで弾かれたような痛みが生じます。

ヒゲのように毛の密度が高かったり色素が濃かったりする箇所ほど、レーザーを照射したときに大きな熱が発生します。ヒゲの中でも特に鼻下、顎・顎下などは濃く太い毛が集まっている箇所です。

顔には多くの神経が通っていることもあり、痛みの感じ方や程度には個人差があるもののヒゲ脱毛は他の箇所よりも痛みが発生しやすいと認識しておいてください。

脱毛期間中は肌トラブルが起こる可能性がある

ヒゲの永久脱毛の施術期間中は、肌トラブルが生じるリスクが高まります。医療脱毛は発毛組織を破壊する方法であり、少なからず肌にも刺激が加わるからです。その刺激がダメージとなり、以下のような肌トラブルの原因となります。

肌トラブルの例 説明
赤み・ヒリヒリ感 施術を受けた際の刺激による赤み・痛み
毛嚢炎(もうのうえん) 毛穴に細菌が侵入して引き起こされるニキビのような見た目の炎症
やけど レーザーを照射するときに発生する熱によるもの
色素沈着 レーザー照射後、約1カ月以内の肌への刺激によるシミ・黒ずみ
増毛・硬毛化 レーザー照射によって毛が増加・硬化する現象

できる限り肌トラブルを抑えるには、ヒゲの永久脱毛が完了するまでの間は念入りにスキンケアをすることが大切です。特に施術直後は肌が乾燥しやすく、バリア機能が低下しやすいためです。

ヒゲを剃った後は化粧水や乳液を用いて、肌の水分を逃さないようにしましょう。肌の水分量が適切に保たれていれば、肌トラブルのリスクを軽減できます。

永久脱毛の場合、ヒゲが今後生えてこなくなる

ヒゲの永久脱毛を受けると、一度破壊された発毛組織の毛穴からは今後ヒゲが生えてこなくなります。ただし前述した通り、全ての発毛組織を破壊できると保証されているわけではないため、1本も生えない状態にはなりません。

とはいえ自己処理がほぼ必要なくなる状態まで永久脱毛の施術を受けた場合は、ヒゲがほとんど生えないツルツルの状態になります。その代わり、再びヒゲを生やしたくなっても意図的に発毛組織を再生することは難しく、元には戻せません。

生涯ヒゲが生えない状態になっても問題ないかどうかを慎重に検討した上で、ヒゲの永久脱毛を受けるか決断しましょう。

ヒゲ脱毛のメリット

ヒゲ脱毛のメリット

ここまでご紹介したデメリットを知っておかないと、ヒゲ脱毛を受けた際の後悔につながりかねません。一方でヒゲ脱毛には、デメリットを上回るほど多くのメリットがあります。各メリットを詳しく見ていきましょう。

剃り残しがなくなる

ヒゲ脱毛の施術を受けると、毎日のヒゲ剃りによる剃り残しがなくなります。

忙しい朝にできるだけ短時間でヒゲ剃りを終わらせようとすると、どうしても剃り残しが生じやすくなるでしょう。特に刃が傷んでいるカミソリや電気シェーバーは切れ味が悪いため、時間をかけて剃ってもヒゲが残り目立ってしまうことが多いです。

ヒゲ脱毛の施術を受けてしまえばヒゲ自体が生えにくくなり、場合によっては日々のヒゲ剃りが不要になるほどヒゲの量が少なくなります。時々ヒゲ剃りをする際にもヒゲの量自体が少なければ、剃り残しになる可能性が低くなるでしょう。

清潔感が出る

ヒゲ脱毛の施術を受けることでヒゲの量を減らせれば、顔全体に清潔感が出ます。頬や口周りのヒゲが生えていると毛の黒色によって顔全体が暗くなってしまいますが、ヒゲが少なくなることで結果として明るい印象を与えられるでしょう。

また無精ヒゲや青ヒゲが目立つと、他の人に不潔でだらしない印象を与えかねません。ヒゲ脱毛で毛量を減らし口周りをすっきりさせれば、清潔感が出やすくなります。

ヒゲを剃る時間や手間が減る

ヒゲ剃りの時間や手間が減ることも、ヒゲ脱毛のメリットの一つです。

成人男性が1回のヒゲ剃りにかける平均時間は約10〜15分です。1日あたり10分をヒゲ剃りに費やしているとすると、1週間で1時間以上、1カ月間で5時間、1年間で60時間以上に相当します。

ヒゲ脱毛でヒゲの量を少なくすれば、ヒゲ剃りの頻度を減らせる分、時間を節約できます。また永久脱毛をしてしまえば、ヒゲ剃りの手間がかかりません。

ヒゲ剃りによる肌荒れリスクがなくなる

ヒゲ脱毛でヒゲ剃りの頻度を減らせば、肌荒れのリスクを減らせます。カミソリは直接肌に触れるため、目に見えない無数の傷が肌にできるのです。またヒゲ用で比較的肌に優しい電気シェーバーも、種類や使用方法によってはカミソリ負けをすることもあります。特にヒゲが濃い方はヒゲ剃りの時間が長引いたり、無理な深剃りをしたりする傾向にあるため、肌荒れしやすくなるのです。

またヒゲ剃りによって角質層が削られると、肌のバリア機能や保湿機能が正常に働かなくなり、肌荒れのリスクがさらに高まるという悪循環になりかねません。

毎日のヒゲ剃りで肌が傷付くと、以下に挙げるような肌トラブルが生じる恐れがあります。

肌トラブルの例 症状の概要・説明
赤み 肌への刺激によるもの
かゆみ 肌への刺激や細菌の侵入などによるもの
炎症 肌を守るために生じる防御反応
尋常性毛瘡(じんじょうせいもうそう) ● 細菌の侵入によって生じるニキビのような発疹
● カミソリ負けとも呼ばれる

ヒゲ脱毛を通してヒゲ剃りの頻度を減らせれば、肌が傷付くことも少なくなるため、肌荒れのリスクを抑えられます。

脱毛するならメンズじぶんクリニック! お得な特別プラン実施中
ヒゲ(3カ所)
医療脱毛
6
16,800
麻酔料金
込み

ヒゲの永久脱毛に必要な施術回数・頻度の目安

ヒゲの永久脱毛に必要な施術回数・頻度の目安

ヒゲ剃りの手間を減らせるヒゲ脱毛ですが、1回の施術を受ければ永久脱毛を実現できるわけではありません。一つひとつの毛には毛周期という毛の成長サイクルがあり、毛周期によって脱毛効果を得られるタイミングはそれぞれの毛で異なるからです。

毛周期とは、成長初期・成長後期・退行期・休止期の順番で、毛が成長したり抜け落ちたりする周期を繰り返すサイクルを指します。このうち脱毛機による脱毛効果を得られるのは、成長初期と成長後期の毛のみです。

成長初期と成長後期のタイミングにある毛は全体の約40~70%です。個人によって脱毛の効果がある毛の割合が異なる上、ヒゲのように濃い毛が密集している箇所では出力を下げなければならないケースもあります。したがって効率のよい間隔で脱毛を受けたとしても、一般的には5回以上施術が必要です。ただし箇所によっても毛周期のサイクルが異なるので、適切な施術回数や施術頻度も変わります。

以下では、ヒゲの永久脱毛に必要な施術回数や頻度の目安をご紹介します。

施術回数の目安

ヒゲの永久脱毛を受ける際の、施術回数の目安を以下にまとめました。

肌の状態 施術回数の目安
効果を実感し始める 3~5回
自己処理が楽になる 5~10回
ツルツルな状態を目指せる 8~15回以上

ヒゲの永久脱毛を実現するには、一般的に約5回以上は施術を受ける必要があります。とはいえ3回以上の施術であっても、発毛組織を破壊できた毛穴からは毛が抜け落ちるため、徐々に効果を実感できるでしょう。

5〜10回の施術を受ければ一通りの発毛組織にアプローチできるため、自己処理が楽になります。しかし施術のタイミングによっては発毛組織を破壊しきれていないケースがあるため、追加の照射が必要です。

目安として8〜15回以上の施術を受ければ、照射した箇所のほとんどの発毛組織を破壊でき、ツルツルな状態を目指せるでしょう。

ただし上記で示した施術回数はあくまでも目安です。日焼けをしている場合は、照射の出力を下げるためさらに回数がかかることもあります。目的の状態を実現するまでにかかる施術回数には個人差があると認識しておいてください。

施術頻度の目安

ヒゲ脱毛を完了させるには複数回の施術を受ける必要がありますが、短期間で集中的に受けても発毛組織は破壊されません。毛周期に合わせた適切な頻度で施術を受けなければ、成長初期や成長後期の毛に効率よくアプローチできないからです。

ヒゲの毛周期を考慮すると、約1〜3カ月に1回の頻度で施術を受けるのがよいでしょう。前述の施術回数の目安と併せて計算すると、自己処理が楽な状態になるには最短5〜7カ月、ツルツルな状態を目指すには最短8〜10カ月はかかると理解しておいてください。

脱毛するならメンズじぶんクリニック! お得な特別プラン実施中
ヒゲ(3カ所)
医療脱毛
6
16,800
麻酔料金
込み

ヒゲの永久脱毛の際に押さえておきたいポイント

ヒゲの永久脱毛の際に押さえておきたいポイント

ヒゲの永久脱毛を効率よく進めるために、いくつかの点に注意しておきましょう。

ここからは、ヒゲの永久脱毛の際に押さえておきたい主なポイントを4つお伝えします。痛みや肌トラブルをなるべく抑える方法を解説しているので、ぜひ参考にしてください。

蓄熱式の脱毛機を導入しているクリニックを選ぶ

ヒゲの永久脱毛を受ける際は、検討しているクリニックが蓄熱式の脱毛機を導入しているか確認しておきましょう。

前述したとおり医療レーザー脱毛の脱毛機は、照射方式によって蓄熱式と熱破壊式の2つに分けられます。

蓄熱式では比較的低出力のレーザーを照射するため、高い熱が発生しにくい脱毛方法です。照射を受けるときの痛みはレーザーによって生じた熱が原因のため、個人差はあるものの蓄熱式は痛みが発生しにくい方法といえます。肌への負担も少ない分、肌トラブルのリスクも抑えられるでしょう。

一方で熱破壊式は高出力のレーザーを照射する方法であり、毛根の根元にある毛乳頭や毛母細胞にまで熱が伝わる分、痛みは強く生じやすいものの比較的早く毛が抜け落ちます。

「メンズじぶんクリニック」では、蓄熱式のソプラノチタニウムという脱毛機を導入しています。波長の異なる3種類のレーザーを同時に照射できるため、毛の太さや毛根の深さが異なるヒゲが混在していても効率よく脱毛効果を得られる脱毛機です。低出力のレーザーを高速で連射するので、痛みも生じにくいです。

痛みや肌トラブルをなるべく抑えたいという場合は、蓄熱式の脱毛機が導入されているクリニックを選びましょう。

麻酔クリームを使用する

ヒゲは太く濃い毛が密集している箇所のため、レーザーを照射した際に高熱が発生して痛みを感じやすい傾向にあります。照射を受けるときの痛みが不安な方は前述した蓄熱式の脱毛機を導入しているクリニックを選ぶだけでなく、麻酔クリームを使用するとよいでしょう。

施術中の痛みが原因で脱毛の施術を挫折しないためにも、麻酔クリームを導入しているかどうか、麻酔クリームは有料か無料かなどの情報をクリニックの公式サイトやカウンセリングを通じて、事前に確認しておきましょう。

メンズじぶんクリニックでは顔とVIOの施術を受ける場合、無料で麻酔クリームを使用可能です。

施術前後は保湿・UV対策を徹底する

ヒゲの永久脱毛の施術を受ける際は、保湿やUV対策を徹底しましょう。

レーザーを照射したときに肌に負担がかかるため、施術前には肌の状態を整えておくようにしてください。日頃から、化粧水や乳液、クリームを用いて保湿を心掛けましょう。

また施術前に日焼けをしていると、レーザーが肌のメラニン色素に反応してやけどなどの肌トラブルを引き起こすことがあります。日焼けの程度によっては施術を中止することもあるため、日焼け止めクリームを塗ったり帽子・マスクを着用したりしてUV対策を徹底しましょう。

ただし施術当日は、レーザーを照射する箇所に乳液やクリーム、日焼け止めのような油分の多い化粧品を塗ることは控えてください。油分が毛穴に入り込みとどまってしまうと、レーザーを照射した際に油分が邪魔になり、毛のメラニン色素と反応しにくくなってしまいます。

施術後は肌が乾燥状態になりやすいため、保湿を徹底してください。ただし保湿剤を塗った際にヒリヒリ感がある場合は、敏感肌用の保湿剤を使うなどして肌への負担を抑えましょう。

施術後の紫外線対策も重要です。デリケートな状態になっている施術後の肌は紫外線を浴びることでさらに負荷がかかってしまい、肌トラブルのリスクが高まるからです。

施術の前後それぞれで適切な保湿・UV対策をし、肌トラブルのリスクを抑えつつヒゲの永久脱毛を進めましょう。

施術前日にはシェービングをしておく

施術の前日には、必ずヒゲ剃りをしてください。施術を受けるときにヒゲが生えた状態になっていると、毛穴の中だけでなく皮膚の表面に露出した毛にもレーザーが反応してしまい、肌の温度が上昇してやけどの原因になります。

なお毛抜きやワックスなどで毛穴から毛根ごと毛を抜き去ってしまうと、レーザーを照射しても脱毛効果を得られなくなります。発毛組織を破壊するには、施術時にレーザーと反応するメラニン色素を残しておく必要があるためです。

またヒゲ剃りを行う際は、カミソリよりも電気シェーバーを用いるとよいでしょう。カミソリを使用すると鋭利な刃が直接肌に触れるため、肌が傷付きやすいです。電気シェーバーも外刃が直接肌に触れますが、カミソリほど肌への負担は大きくありません。

施術の前日には電気シェーバーでしっかりヒゲ剃りをしておいてください。

脱毛するならメンズじぶんクリニック! お得な特別プラン実施中
ヒゲ(3カ所)
医療脱毛
6
16,800
麻酔料金
込み

まとめ

ヒゲの永久脱毛が完了すると、一度破壊された発毛組織の毛穴からは基本的に毛が生えなくなります。ヒゲ剃りの手間や剃り残しがほとんどなくなる、清潔感が出るなどさまざまなメリットを得られるでしょう。ただし一度永久脱毛を完了させてしまうと、再び毛を生やしたいと思っても難しいことは理解しておいてください。メリット・デメリットを把握した上でヒゲ脱毛の施術を検討しましょう。
またヒゲ脱毛は他の箇所よりも痛みを感じやすいため、化粧水や乳液などで保湿をして肌のバリア機能を高め、肌トラブルのリスクを抑えることが大切です。

メンズじぶんクリニックでは痛みに配慮した蓄熱式の脱毛機を導入しており、ヒゲ脱毛の場合は無料で麻酔クリームを使用できます。無料カウンセリングや無料のテスト照射も受けられるので、ヒゲの永久脱毛を検討している場合は、お気軽にご相談ください。

鈴木 稚子 医師
この記事の監修者
鈴木 稚子 医師
診療科目:美容皮膚科
診療科目:美容皮膚科

一度永久脱毛をしてしまうと、基本的に再び毛が生えることはありません。元の状態に戻すことは難しくなるため、反応が気になるパートナーなどがいる場合は、事前に相談しておくのがよいでしょう。ヒゲがツルツルな状態を長い期間保ちたい場合、永久脱毛をして後悔することは少ないです。

医療レーザー脱毛でヒゲの永久脱毛を通してツルツルな状態を目指すには、ある程度の期間がかかることを認識しておきましょう。